馬医のキャスト 王女役のキムソウンに注目!!

馬医のキャスト 王女役のキムソウンに注目!!

韓国ドラマ馬医は朝鮮後期の顕宗の頃、馬の医者から出発して、王の主治医にまでなった
医官ペクグァンヒョンの物語です。

壮絶で波乱に満ちたこの主人公ペク・クァンヒョンこの人が、
生まれながらに色んな事件に巻き込まれて、あらゆる出来事に翻弄されて、
それでもなお、医者として生きていき、やがては王の主治医となっていくのですが、
この馬医のドラマの中で、ひときわ可愛い人がいました。
それが王女淑徽(スッキ)王女です。

物語を通して、ずっとペク・クァンヒョンの味方となり、
力にもなる淑徽(スッキ)公主

朝鮮第18代王である顕宗(ヒョンジョン)の妹となります。

馬医のキャストで気になる王女役はキムソウン

馬医のキャストでなんだか気になる王女役を演じていたのはキム・ソウンさんです。

馬医の中ではおてんばでちょっと破天荒なじゃじゃ馬な王女が印象の淑徽(スッキ)王女
を演じていました。

王女付きの女官や、武官をよく困らせていましたね。
馬医のヒロイン?でもあるチュニョンとは仲の良い友達で、一緒に街に出かけたりも
していました。

淑徽(スッキ)王女は愛猫のタリが元気がなくて、宮中の馬医に診てもらおうとするのですが、
誰もタリのことは治療ができませんでした。

しかし、ひょんなことからペク・クァンヒョンという馬医に出会い、大事にしていた猫のタリ
を診て見事に元気にしてあげるんです。

それからというものの、淑徽(スッキ)王女はペク・クァンヒョンのことが好きになり、
何だかんだと理由をつけてはクァンヒョンのことを呼び出します。

そんな淑徽(スッキ)王女がとても愛くるしいかったです。
かわいい人だなと気になっていました。

その気になる女優さんがキム・ソウンさんでした。

2005年、KTFのCF「バス停留場編」でデビュー

キムソウンの出演しているドラマは?

キムソウンさんは1989年9月6日生まれです。
身長163cm、血液型は0型

キムソウンさん出演のドラマは
姉妹の海 2005年 子役で出演していました。
悲しき恋歌 2005年 パク・ヘインの少女時代の役
千秋太后 2008年 子役で出演していました。
花より男子 Boys Over Flowers チュ・ガウル役
ハッピーエンディング 2012年
馬医2012年 スッキ王女役
ライアーゲーム
夜を歩く士
ウェブドラマ ドジョンに惚れる
パーフェクトカップル〜恋は試行錯誤〜
その男 オ・ス

主に上記のようなドラマに出演していました。
キム・ソウンさんは子役の頃からドラマに出演しているんですね。

韓国版の花より男子では日本でいう、牧野つくしの親友役で出演を
していたようです。

わたし、見た気がするんですけどキムソウンさんのことは覚えていないんです。
もう一度、花より男子の韓国版を見てみようと思います。

出演していた映画では。

あぶない奴ら〜TWO GUYS〜
フライ・ダディ
平凡な日々
愛していますか?

など多数の映画にも出演しています。

そして、2009年にははやより男子でKBS演技大賞の女優新人賞に
2012年にはMBC演技大賞 女優新人賞に馬医で受賞されています。

馬医で女優新人賞ということは2009年から2012年頃に
注目されてきた女優さんだったんですね。

キムソウンは土屋太鳳に似ているという話題!!

キムソウンさんですが、日本の女優に土屋太鳳さんに似ているとネットでちょっと話題になっています。

うーん、スッキ王女役の時にはそんな感じには見えなかったんですけど、
どことなく似ているような気はしますが・・・

ものすごく似ているという感じはしなかったですけど。

土屋太鳳の方がちょっとエラがはっているようなそんな感じがします。
キムソウンさんはあごがシュッとしてる感じします。

どちらかといえば、キムソウンさんの方が大人っぽいイメージですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました